スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫漫画 『ありがたいんですが・・・はげるんです』


o0547133012398057842.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

猫漫画「なにがなんでも」

いままでと違って日中ずっと家で療養生活なので、はなこはとっても幸せそうです。

なにが

別についてこなくていいのに・・・・ってときでも、ふらっふらになりながら出てきて待ってます。
かわいいよね。
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

理不尽な人々3 「なんだかんだで初運転復帰!!!!!」


おとといから午後から具合が下がってきてて昨日の朝もやばい・・・具合わるいぞ。。って感じだったんですが、今朝は10時までおきられず・・・・・・、起きたらまたどかーーーんと雪が積もってます。

やっぱりね。

昨日も昼すぎから細かい雪の猛吹雪だったんですが、路面はそれほどまだ積雪はなかったんですよね。
昨日はあさっぱらからアスペルガーの次男と超激突しまして(@ ̄Д ̄@;)
o0582044312392310887.jpg


「かあさんはいまはみんなに負担かけてるんだから、俺の相談にのる義務がある!」そうです。。。
いやはや、のりますよ<相談。いくらでも乗りますよ。
しかーーーーし、きみは私の意見や提案は結局きかないし、それに対して切れてくるやないか。
アスペルガーさんたちに接するときは、さまざまなテクニックがいります。
そういうテクニックわかってても。。。。。正面衝突するのを完全には避けるのは無理でして、とくに私側がこういう病気になってると、自らも沸点と体力限界バーが限りなく低くなってまいります。しかたないっすね。
アスペルガーな人々はときたまほんとーーーに頭にくるんですが、生きにくい彼らをみてると、かわいそうになってきてまた助けにいきます。(笑)親ですしね。。みすてられないですわ。。。(旦那はいざとなったらすてられるけどな。( ̄ー ̄;  次男はただいま二十歳でございます。

まぁ、、そんなことはいつものことなんで、どうでもいいんですが、
あまりに頭にきたもんで((笑) お風呂にはいって気分転換したんですが、爽快になったとこで
またきやつにつかまってしまい。。。
あまりにも激怒したもんで、外に気分転換!しかないぞと思い、初めての自分だけの外出を決行!
と、ばーんと玄関でたもんの
o0550039912392310886.jpg

なんでや・・・・・・・。
しかし、雪国生まれの雪国育ち、んなことにゃーへこたれません。
考えれば、見合い結婚してからの私の人生、ほぼ『暴風雪波浪警報発令』の連続でした。(笑)
そんなわけで、ブラッドパッチ後の初運転再開。
道路に出る瞬間思い出した。「げ、そういえば11月入院だったし、今冬初雪道やった。。。。」
ってわけでCDをYAZAWAの「ありよさらば」に変えまして、まるであばれ馬的素敵な加速の愛車を
ほとんど3ヶ月ぶりに発車いたしました。

無事に帰れたかって?  はぃ。大丈夫です。

われながらちょー無謀ですが、ちょーすっきり。
っていうか怒りにまかせて、ブラッドパッチ後の強いトラウマからの運転恐怖症をぶっちぎりましたがな。
ひとのエネルギーの中で一番強いものはなんだかご存知ですか?
それは、「怒りのエネルギー」なんです。
人は非日常の中で、爆発的エネルギーを出すことがあるんですが、その一番発火がすごいのが
怒りなんです。
私はこれまで、難解で困難な環境の中で、いつもこの怒りのエネルギーに助けられ、自らの殻を破ることができました。ほとんどの方は怒りが発生すると、相手にエネルギーを向けようとします。それでは自らも下手すると「理不尽な人々」の仲間入りなんですよね。すさまじいエネルギーは自分開拓に使うのが一番ですよ。
なんてったって普通ではありえないパワーですからね。自分に使わないと損です。もったいない、もったいない。(笑)

おまけですが、
帰宅したら携帯にメール、
   
「かあさん さっきはごめんなさい。  さっきかあさんとこあやまりに寄ったら鍵あけっぱなしで、電気つけっぱなしでだれもいなかったよ。」

・・・・・・・・・・・・・・・。

関連記事

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

理不尽な人々2

私が住んでるとこじゃあ年中「弁当忘れても、傘わすれるな」っていうくらい、冬じゃなくても天候が悪い日がほとんどな地方なんですが、だから冬の晴れ間とか奇跡みたいなうれしさがありまして。。。
雪国の人間って基本打たれ強いのかもしれないです。
昔、小学生の頃、雪の日の登下校は自分の長靴のつま先をみながらもくもくと歩くのが普通でした。
大吹雪の中、無心にまえへまえへ、ただひたすらに一歩一歩です。
私はバイクが大好きな人なんですが、この地方ではもちろんバイクは冬眠です。冬に静岡県に訪れたとき、目の前をヤマハのフルカウルのバイクがすぃーと走ってくのをみて、うっわー不公平やーーーーと思ったの今でも忘れません。(笑)

今日は理不尽な人々のパート2です。
パート2は医者編にしようとおもってたんだけど、医者編は医者遍歴も含めてかかないといけないかなぁと思って、おりまぜながらで、今回姑編です。(笑)

うちの姑は、とっても美人なんです。まるでお雛様のようなきれいなお顔。だまっていれば お上品。
そんでもって舅は会社役員、ご自身は自宅でお茶の教室運営って 私の加害者そっくりなんざんす。

姑はやっぱ変わったとこのあるひとで、人の気持ちを考えない発言がとても多いひと。
だけど、自分では「私は思ったことをずばっと言う裏のない真人間」だと公言してはばかりません。
横で聞いてるほうは、はいはいはいはいはい わかりましたよ~ って感じですけどね。(笑)
こういうお方なので、すんごい逸話は数限りなくあります。
私が前回の事故加害者のおばさんにはぁ???となってもくじけないのはこの姑に鍛えられているからでもあります。ありがとぉ!<姑 (笑) ほんと実際わらっちゃうんですけど、この姑、私の事故の報告を聞きながらなんてったと思います?

「あらっまぁ~ーー、私もそういうとき謝らないかもしれないわ」
                                           
                       やっぱり・・・・・・・爆笑

そうだとおもいました。はぃ。25年もつきあってれば、、、わかりますって。
その姑、このお正月に私が絶対安静でうごけませんので年始のご挨拶はお伺いできませんと連絡した後、

言い放った言葉がこれです。
bake.jpg

いやはや、ひとが闘病生活送ってるなかいってくれるじゃあありませんか。
そういうことおっしゃるご自分が一番「人間じゃあない」ってことわかってないことが痛いです。
理不尽な人々シリーズまだまだ続きます。。。。。
が、消化不良おこされる読者もいらっしゃると思うので、間に癒しの猫漫画もはさみつつお送りしていこうとおもっております。笑
関連記事

テーマ : 交通事故
ジャンル : 車・バイク

理不尽な人々ぱーと1

おはようございます。
前回紹介しましたわたくしの加害者側のおばさん。
態度を観察しつつ思ったのは、「あ~このひといままで人に謝らない人生だったんだろうな」ってこと。
ピカピカの○ル○ァ○メオに地元ではお金持ちのお子様が行く学校の制服をきた孫二人。
ご自分も上から下までブランド。お宅は会社経営、ご自分は自宅アートフラワー教室の先生。
年は60くらい。
自信満々高飛車で、警察相手でもひとつもびびらず自分をごり押しできるおそろしく人生上から目線な態度。
(まるでうちの姑そっくりだ・・・・(笑))
ほんとうに頭にくる人でした。(きゃは・・本音っすね)
o0432036612386170634.jpg


私が総合病院にてCT撮影中に、とっぷり日も暮れた八時半、自宅に息子さんといきなり現れ、家族にむかって、

「車ってサイドブレーキいくらひいてもとまらないんですね~。」・・・・・・とおっしゃってたそうです。
「私もパニックだったから奥さんもパニックだったでしょぉっ」て・・・・・・いいから謝りなさいね。。。。
ひとに怪我させたり、ひとのもの壊したら、本人に「ごめんなさい」っていいましょう。
幼稚園の砂場でならいましたよね?


もう事故から一年三ヶ月、今頃あのおばさんは、保険会社にまるなげで、事故のこと忘れてるんですよね。
病院の先生に聞いたことあるんです。
「私がこんなにしんどい症状だということはお相手やおこさんたちも苦しい思いしてるんじゃないんですかね。。」って。そしたら、

「いや~だいたい当てたほうはそんなに症状でないんですよ~。平気でぴんぴんしてると思いますよ。」

そうなんですか・・・・しりませんでした。

それでは遠慮なく描けますね。
o0358035812386187771.jpg



                                       描きながら自分が怖いわぃ・・・(笑)
でもね、このわけわかんない理不尽があったから逆に踏ん張れたのかもなぁとも思うんです。
いい方に考えて、この高慢おばちゃんの存在も肯定しときます。
おばちゃん、そういう生き方してきたら散々いままで周りに憎まれることもしてきたんですよね。
つくづくあなたってお気の毒です。
関連記事

テーマ : 交通事故
ジャンル : 車・バイク

ここからはじまった

最近はなぜだか起きると9時・・・・・。
なんだかものすごくよく寝ます。
事故前は4時から起きだしてみんなの世話に奔走してたんですけどね。。。
逆に言うと、私が倒れてから、みんな仕方なく動くようになって、全員自立するしかなくなったんですけどね。
基本不便かけてます。感謝。

すこしずつですが、事故からのこと書いていこうと思います。
他人の事故とかどうでもいいと思うんですが、事故にあうと知らないと困ることって意外にたくさんあるんです。私の場合は100:0の赤信号停止中の追突。しかもアクセルとブレーキ間違えて突っ込んできた事故です。そんなちょーわかりやすいパターンでも、、、、この始末です。
おこ
その日は、普通に秋晴れの気持ちのいい日、時間は午後4時。
いつものスーパーから出ていつもの交差点で、いつもの赤信号を待ってました。
私は基本慎重派なんで、車間は結構あけて止まります。(え?そんなに?ってくらい)

暢気に今日の夕飯の段取りを考えてたときです。
突然ものすごいどかーーんという音とともに車ごと飛ばされました。
飛ばされながら、目の前に迫る前の白い車の後部に「あたる!!!」と思い反射的にハンドルを右に切ったことだけ覚えてます。どーーーーーーんという音とともに着地。。。。
何が起こった??????あてられた?????理解するのに数秒。
われにかえって、バックミラーをみるとずいぶん後方に車、その運転手は固まったままこちらを見てる。
その道路は片側二車線のバス路線でバス亭の目の前だったので、車を少し動かし、家族に電話。

でも、その運転手はまったく車からでてこず、、最初に声をかけたのは私でした。
私の車は左後方が見事につぶれ、ハッチがもちあがりドアもあきません。
相手の車もボンネットがつぶれめくれあがっています。
ふらふらしながら、車に近づくと後部座席にランドセルを背負った小さな子供が2人おびえた顔で私をみあげています。
運転席にいってウィンドウをたたくと、そのおばさん、ウィンドウを10センチほどさげました。
「おこさんだいじょうぶですか?」と聞くと
「鼻血だしてますが、大丈夫です」とのこと。
内心なんで私が心配しなあかんのとおもいつつ、、、、吐き気におそわれ自分の車に戻りました。

けいさつでんわしなきゃ。。。と思いぼーぜんとしていると

いきなり助手席のドアをあけおばさんが
「何歳ですか?」
は???とおもいつつ「○才です」というと
「シートベルトしてましたか?」
「もちろんです」
おまえはけーさつかっと思ったら、片手の携帯と通話中、通話相手はおまわりさん。
「・・・・・」
その後、おばさんは助手席にのりこんできて
「奥さん、どうしましょうか」的ないみふめーなことを半分にやけながらいってきたんです。。。
なんだこのひとわけわかんない。。。。。感じ悪いってのが印象でした。
どうしようかじゃなくて ごめんなさいだよね、、ここは。

さて、おまわりさんがいらして実況検分

jiko.jpg


まずそのおばさんが言ったのは
「私なにもおぼえてません」とまるでつっぱねるように・・・・
ほんとに覚えてないんなら病気です。
何度おまわりさんが聞いても
「何もおぼえてません。」
でも、病気で覚えてないひとはそんな高慢な顔ではいいませんよね。
どうだっってな顔でなにもしゃべらないという態度に
おまわりさんは
「いつまでもそういう態度でいると逮捕するぞーーーーー!!」
とどなってました。
あとでおまわりさんに聞いた話では
そのあとようやく
「よそ見してて、気がついたら目の前に車があってアクセルとブレーキを間違えて踏んだ」と言ったらしい。
どんだけよそ見してたんだ。。。。。
私の車は目立つ赤ですよ。


事故にあったら、まず加害者が逃げないか確認。
事故にあったら、相手の身分証明確認。
事故にあったら、すぐ警察に通報。保険会社に連絡。
事故にあったら、大丈夫とおもってもなるべく救急車。そうでなくても即病院。
事故にあったら、警察にはしっかり自分の体験を主張。


関連記事

テーマ : 交通事故
ジャンル : 車・バイク

療養生活二ヶ月目 猫漫画復帰3話

療養生活二ヶ月目に突入でございます。
日中はほとんどの時間をこたつで過ごしているわけなんですが、
まだ机の上で何かをするほど回復してないんで、コタツ板はなしなんです。
こたつ板なしのこたつで、猫さまたちはさっそく素敵な場所をみつけたようで、
ほとんどをこの場所にいます。(笑)

にゃんも
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

「連続パ・パンチ」☆猫漫画なんわだっけ・・・?☆

本日雪。。朝からまっくら。
だんだんですが、確実に復活してきているのでうれしいです。
筋肉がすっかりおちちゃって体力ゼロなんで、とりあえず漫画から復活していこうとがんばってます。
まぁ、前から比べれば・・・漫画描けてることがすんごいんですけどね。
連続ぱぱ
連続パ2
うちは猫さんたちのほうがわんこよりずっとえらそうです。。。。
すーちゃんのほうがずっと先住なんですけどね?(笑)
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

復帰二作目 ※ねこまんが※ 「だれもいないはず」

天候で病状が変わるんですが、、、、、本日夕方からめちゃしんどいっす。。。


日中やっとかけたねこまんが



o0418129012369734788.jpg


関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

絶対安静からの復帰第一作目猫漫画です

おそまきながらの

あけましておめでとうございます
巳年です。

H県での手術後、2週間入院し車椅子で帰宅、その後1ヶ月の絶対安静期間をすぎ、ようやくゆっくりゆっくり通常に戻していっています。また2月に入院するので、それまでは自宅安静なんですけどね。
2010年に追突事故にあってから、さまざまな事があり、さまざまな体験をし、それらが私に新しい世界をたくさんみせてくれました。

この病気は外見にはまったく病気だってわかんないし、脳の中は80歳の老人なみだし。。
作業もなにも気持ちは前にいくのについていかない。本人すら自分の脳や体に起こってることを理解できない。

医者や家族にも理解されない苦しみ、事故被害者であるのにさまざまな壁を越えないと孤独の底に精神も肉体もつきおとされていくような疎外感。記憶や判断力、集中力も効かないなかで、体じゅうに鉛をしばりつけられたような自分の背中に頭から岩石投げられてるような仕打ちが続きます。オーバーではなく、そういう状態に陥ちいります。私はこの病気のなかでは早く病名にたどりついたほうだとおもう。
なにかがおかしい、絶対に納得できないという思いだけでつきすすみ、いままでまるで縁のなかった遠い病院にみずからたどりつきました。

きっとたくさんの事故被害者が私がそうであったように、この暗闇のなかにいるんだと思う。
病名が確定しても、施術される恐ろしい痛みを伴う治療と、不自由な絶対安静期間。
車椅子に初めてお世話になり、杖に初めてお世話になり、自分の足で行きたいところにいけもせず、障害のある生活の実態をまざまざと実体験しました。脊髄は体の中心、支えられなきゃ立てない。
長い安静期間の中で、いろいろと考えました。自分がやれること。

一人でやってなにができるんよと思うけど、一人がやりはじめなきゃ何が変わるんよと思う。

とりあえずできることから、漫画ですこしでも知らないひとに理解してもらるように描いていけたらいいなとおもってるんだよね。脳が機能せずに描きたくても描けなかった一年。
まだまだだけど、できる範囲でできること、ちょっとずつでも前に前にすすみます。
めまいに勝ってやる。
偏見に勝ってやるっ。
まけるもんか、まけるもんかって這うようにして苦しんだ1年無駄にしないもんね。
とりあえず、第一作目は入院中一番記憶にのこったことです。

hanak1.jpg

入院3日のつもりで行ったのに、気がついたら2週間になってた。
一番つらかったのは、家族が送ってくれる動画の中のはなちゃんの悲痛な声だった。
電話すると、まっさきに私の声が聞こえる携帯にとびついてきて、顔をすりつけごろごろいってたはなちゃん、
何度電話しながら泣いたかわかんないです。
つらかった治療。つらかったはなればなれ。もう二度といやなんですよね。

関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

黒ねこ時計
ご訪問者数
カテゴリー
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

はなたま

Author:はなたま
★わんこ★
ビーグル♀6歳 女子なのに・・スパイク。おてんばで心優しいふとっぱらすーさん

★にゃんこ★
八割れ靴下鍵しっぽ♂1歳 紋次郎。我が家の芸人、ワイルドハンター。とても優しく、とても繊細。
三毛しましっぽ♀1歳 はなこ。一番の自由人。甘え上手。我が家のアイドル

★ひと★
カメラ・陶芸・木工・洋裁・創作人形こだわりやの変人な暇人。 はなたま

ようこそです。
どうぞごゆっくり。

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
しつもんしてみたり
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。